医療法人 光広会 堂園クリニック|鹿児島市|産婦人科|麻酔科|産科健診|子宮癌健診

 

自然分娩について

 

方針1

方針1
 
堂園クリニックでは妊婦様主体の自然な出産を目指しています。

行っていること

  

   
1.安産のツボ(三陰交)
 三陰交は「安産のツボ」として昔から知られており自分自身の産む力をより導くと言われています。当院ではこの「三陰交」の部分をカイロで温めています。温めることにより子宮の出口をより開きやすくし自然にお産を進めることを行っております。
 
2.のびのびマッサージ
 当院では会陰部のマッサージを行っております。マッサージをすることによって赤ちゃんの通る道(産道)が通りやすくなります。また、柔らかくなることで会陰切開をする率を減らし傷の回復も早めます。
 
3.フリースタイル出産
 楽な姿勢(自分に合った姿勢)で出産すると、お母さんと赤ちゃんに良い影響を与えます。人それぞれ楽な姿勢は違います。出産時に近くなってきますと楽な姿勢は分かってきます。それは赤ちゃんがちゃんと教えてくれます。“産みたい姿勢で産む”それがフリースタイル出産です。当院ではできるだけ赤ちゃんが生まれてこようとする自然の力に逆らわずに出産していただけるよう援助しています。

フリースタイルの主な姿勢
→ 横向き、四つん這い、座位、立位など
   

4.お産の時の呼吸法
 当院ではなるべく力まない呼吸法を薦めています。息を吐くことに集中させお腹の赤ちゃんになるべく負担がこないように赤ちゃんの生まれてこようとする力を助ける気持ちで呼吸法を一緒に行っております。


5.出産時のアロマ療法
 出産の時は心と身体を緩めリラックスすることがとても大切です。当院ではLDRで好みのオイルを使い、芳香浴を行うことができます。また、緊張をほぐし出産を促すためにオイルをお腹や腰に塗ることを行います。出産に有効なパルマローザ・ナツメグ・クラリセージ、リラックス作用のあるラベンダー、痛みを和らげるクローブ等をブレンドしたオイルを使っています。

 

骨盤位(逆子)について

骨盤位(逆子)について
 
骨盤位(逆子)を治すお灸と体操
当院では東洋医学的な治療も取り入れています。
骨盤位妊娠の帝王切開率を少なくする為に、お灸と骨盤高位(逆子体操)を外来で指導し、赤ちゃんの自己回転を促す良好な結果を得ております。
   
外回転術
自己回転が不成功な逆子によっては、積極的に外回転術を用いての治療も行います。
 

胎児の姿勢

胎児の姿勢
 
<<医療法人光広会 堂園クリニック>> 〒890-0005 鹿児島県鹿児島市下伊敷一丁目7-6 TEL:099-227-0303 FAX:099-239-6346